このページは、民泊をスタートしたい人、予約を増やしたい人向けの記事です。(無許可でも合法で運営する記事を追加しました。)

Airbnb(民泊)ビジネスで、旅館業法の許可を得ることなく、合法で権利収入を構築するためには?

まず、民泊とは、カンタンに言うと「旅行者に民家(自宅)を提供して、宿泊させて対価を得る」ことを言います。そこで、「民泊と民宿とは何が違うのですか?」と良く質問される方がいます。

民泊は、宿泊場所に対する明確な法律が現在ないのです。しかし、民宿は旅館業法で決められたルールで民家を改装し、国の許可を取り、運営する必要があります。

旅館業とは・・・?

  1. 宿泊料を受け取っていること
  2. 宿泊者が部屋に生活の拠点を有さないこと
  3. 寝具を利用して施設を利用すること
  4. 施設管理、衛生上の維持管理責任が営業者にあること

旅館業法とは?

  1. ホテル営業
  2. 旅館業法
  3. 簡易宿泊所
  4. 下宿営業

上記4つには、飲食店の設置、衛生設備、消防法の義務というルールがあります。それぞれの行政の保健所、消防署に申請して営業許可を受ける必要があるのです。

このうち3番の簡易宿泊所は「出稼ぎ労働者」のために作られた法律です。「眠るだけの場所」という本来の目的なので、比較的、他の旅館業法よりは、規制が緩和されているのです。

つまり、ルールが緩いということです。しかし、ながら、簡易宿泊所の申請をするためには、多額の経費がかかりますので、マンションやアパートの1室を改装するのは非現実的なのです。

実は、旅館業法許可を取らずに、スタートする方法がありますので、プログラム内で詳しく解説します。

権利収入のイメージ

6ヶ月で660万円の売上。60%が利益なので、半年で396万円の権利収入です。やることは、売上チェックくらいです。しかも、このビジネスは専門知識も経験も必要なく、物件を購入する必要もなく、スタートでき、権利収入を得ることが出来るのです。

しかし、中にはやり方を間違えて、うまくいっていない人もいます。そうならないために・・・次のことを知っておくべきなのです。

なぜ、多くの民泊はうまくいっていないのか?

あなたの民泊がうまくいかない原因が、駅から遠い、設備が悪い、レビュー(評価)が少ないから、うまくいかないと思っていませんか?

部屋の写真を綺麗に撮影したり、チェックアウトしたゲストにレビュー(評価)をメールでお願いしたり、そうじを完璧にやっている・・・

実は、これらは最優先課題ではないということを知っていますか?

民泊は、もう飽和状態だから、稼げないと思っていませんか?

まずは、以下の政府発行の記事をご覧ください。

 

出典:観光立国推進戦略会議 https://www.mlit.go.jp/common/000059772.pdf

上記の記事は、2008年「訪日外国人を2000万人」を目標とした政府発行の資料。

次の記事では・・・

出典:政府観光局 http://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/data_info_listing/pdf/170117_monthly.pdf

上記記事は、2016年に2400万人を突破したという政府観光局の資料。

さらに、次の産経ニュースには・・・

出典:産経ニュース http://www.sankei.com/politics/news/160330/plt1603300039-n1.html

まとめると・・・

  • 2008年時点 
  • 目標2020年2000万人
  • 2016年時点 
  • 実績2400万人突破!
  • (目標の4年も前倒しに達成!)
  • 2016年時点 
  • 目標2020年4000万人(当初の2倍の数字)
  • 目標2030年6000万人

これらの数字が何を示しているか、わかりますか?

飽和状態と言っている人は、たまたま自分の民泊がうまくいかなくて、そのように噂を流しているとしか考えられません。または、一部の業者が儲かりすぎて、マネされないように「もう遅い!」と言っている可能性もあります。彼らには何の根拠もないのです。

しかし、上記の政府資料と新聞記事のように、訪日外国人は急増しているのです。これは動かぬ証拠なのです。

訪日外国人が増えているのは、偶然か?

2020年の東京オリンピックを理由に、日本が国をあげて意図的に外国人を日本に呼び寄せているのです。決して、自然と急増しているわけではありません。国として、莫大な観光収入を狙っているのです。

政府が全力で訪日外国人を増やしているのです。つまり、我々にとってお客さんを日本に呼び寄せてくれているのです。完全に追い風!

やらない人は、全くもって愚かです。小学生が聞いても、誰が聞いても、稼げる業界なのです。

これから近い将来、民泊バブルが一気に来ることは、このページを見れば誰にでもわかること。バブルが来たときに準備しても、もう遅いのです。まさに今がバブル直前なのです。

いよいよ楽天がラブホテル!(朝日新聞)

では次の朝日新聞をご覧ください。

とうとう楽天トラベルが、2017年6月下旬にも、ラブホテル掲載をスタートさせる。訪日外国人の増加で、都市部を中心に不足する「ビジネスホテルを補う」存在!つまり、楽天がラブホテルを掲載したほうが儲かると判断したという記事。みなさん、このニュース知っていました?

ラブホテルを、外国人観光客向けホテルにリニューアル(朝日新聞)

ラブホテルを外国人向けホテルにリニューアル。こんな業態転換が増えつつある。ラブホ業界は新たな顧客開拓を狙い、政府はホテル不足解決の打開策ともくろむ。・・ベッドをダブルからツインに換え、ピンクの壁紙を白色に統一。(抜粋)

ラブホテルも訪日外国人を、ターゲットにしたほうが稼げると気づいた、新聞記事。もうこれで飽和状態であるという噂が大ウソであることがわかったと思います。あとは、誰でも出来る民泊をスタートさせて、予約をいっぱいにして軌道にのせるだけ。

民泊・Airbnbを予約で、いっぱいにさせるためには、あるシンプルなルールがあります。そのルールに従って、プログラムを作成しました。

【序章】最短で権利収入を構築するためのAirbnb起業プログラム

  • 物件選びが命、民泊専門の不動産会社の紹介
  • 周辺エリアのデータを検証し、収益物件の判断
  • 内装、コンセプトを決定(周辺ライバルをリサーチ)
  • 家具、備品の決定と調達
  • Airbnbサイトへ部屋を登録する
  • ハウスマニュアル(部屋の使い方)、アクセスマニュアル(交通機関の説明)の作成
  • ゲストとのメールのやり取り
  • 掃除の手配
  • レビュー(評価)依頼メールの送信
  • トラブル対応

【第1章】Airbnb自動集客テンプレート 全体像の完全解説

  • あなたが、これから突破する3つの壁とは?
  • 見込み客(ゲスト)は「見ない」「信じない」「行動しない」を知る
  • あなたの物件を「見ない」を突破して強制的に見させる方法
  • あなたの物件が自分のために用意された部屋だと「信じない」を突破して、自分の部屋だと信じさせる方法
  • ゲストが予約をしない=「行動しない」を突破して「予約」させる方法

【第2章】稼働率100%の部屋から「売れるキーワード」を抽出して、稼働率をアップする部屋のタイトル(名前)を決定する

  • 日本語でもいいというには、思い込み。機械が翻訳した英語は意味が通じても、おかしな文章となり、ゲストを不安にさせ、予約されない。
  • 部屋タイトルは以下の部分。(写真はイメージで、私とは無関係です。)

  • 手順1:テンプレートに従って、自分の部屋のウリに ピッタリのキーワードを設定する
  • 手順2:設定したキーワードをパズルのように組み合わせる
  • 手順3:テンプレートに当てはめるだけで、英語スキルゼロでも、部屋タイトルを英語で作成できる(写真はイメージで、私とは無関係です。)

【第3章】英語スキルゼロでも出来る!

2ステップで部屋のウリを伝え、確実に売れるキャッチコピー作成法

  • あなたの部屋のウリを決める
  • 自動集客テンプレート通りに、見込み客が欲しくなる情報を、欲しい順番で並べるだけのシンプルな方法
  • 手順1:見込客に「ここに泊まりたい!」と思わせる、あなたの部屋の一番の“ウリ”となる3つの要素を、テンプレートを使って抽出します。
  • 手順2:テンプレートに3つの要素を流し込んで「お客様が欲しい順番通り」に並べるだけで、あなたの部屋のキャッチコピーが簡単に完成します。部屋のウリがキャッチコピーになって、このように伝わるのです。(写真はイメージで、私とは無関係です。)

【第4章】お客様を釘付けにする!一目惚れトップ画面作成法

Airbnbサイトの中で最も注目されて、クリックされるように、「部屋タイトル」「最大のウリ」を最大限に魅力的にアピールできるように、あなたの部屋のトップ画面を作成する方法をお伝えします。

トップ画面を作成する方法も、「お客様が知りたい情報を知りたい順番で伝える」テンプレート通りに簡単な作業をするだけで、トップ画面が完成します。驚くほどシンプルな作業です。

  • 手順1:「釘付けトップ画面」デザインテンプレートから、あなたの部屋にぴったりのデザインを選ぶ
  • 手順2:Airbnbサイトのあなたの部屋のトップ画面に「部屋タイトル」「最大のウリを伝えるキャッチコピー」を入力する。
  • 手順3:パソコン初心者でもすぐにできる画像編集ソフトの使い方を、丁寧に解説します。デザイン知識なくても、このような画面をつくること
    ができるようになります。(写真はイメージで、私とは無関係です。)

【第5章】お客様が自然に申込みボタンを探し始める!

部屋の写真を見せる順番解説

テンプレート通りに作業するだけで、こんな失敗を未然に回避するだけでなく、お客様があなたのお部屋の魅力に自然と引き込まれていき気がついたらお申し込みをしてしまう「写真の順番」を、簡単に完成することができるのです。

【第6章】知っているだけで、失敗を避けることができる「絶対にやってはいけないNG集」

予約が入ったあと、安心してしまい、ゲストからの問い合わせメールに返信しない、これはNG!

チェックインの仕方など、ゲストから質問がくるのですが、質問のパターンは決まっていますので、安心してください。 慌てず、手間をかけず、簡単に素早く対応するための、ご準備の方法もお伝えします。

建物の外観写真掲載はNG

物件を特定される情報や画像を掲載したら、どんな不都合が起こるか分かりますか? 
そうならないため・推奨ではなく自己責任で掲載写真を判断してくださいね。 ご存知のとおり、お客様にはご予約後に住所を送るので、物件の外観写真を掲載する必要は一切ありません。

駅から徒歩何分など、嘘の情報は絶対に書かない

デメリットと思われることも、メリットに転換できる方法も説明します。
例えば、欠点を隠そうとしないで、「遠方であればタクシー代を支給します」など、欠点をウリにするのは魅せ方次第です。

10ドルでもいいので、タクシー代をディスカウントしてあげると、目立つので「このホストは、よくしてくれる!」とレビューに書かれるので、駅から遠い物件の人は、非常に良いノウハウです。つまり、これが欠点をウリに変えるということになります。

住民用火災保険のままでは大変な事態になってしまう事をご存知ですか?

ゲスト専用保険に切り替えをしないと、火災が発生してゲストの生死に影響を与える事象が起こってしまったら、どうなるでしょうか? 実際に、このような事態が発生して破産した事例もあるのです。

さらに、確実にあなたのAirbnb民泊ビジネスを加速させるために、6大特典を用意しました。

【特典1】稼働率ダウン要素を完全排除! 
稼働率アップチェックシート

このチェックシートで、あなたの部屋の問題点を全てチェックできますので、あとは稼働率が上がるのを待つだけの状態が簡単に作れます。

このチェックシートは何度でも使えるし、どの物件でも使えるので、一軒目、二軒目、三軒目と物件をふやしていく時に、失敗の確率を最小化するだけでなく、仕事の時間も大幅に減らせるので、更に大きな威力を発揮するのです。

【特典2】稼働率アップ!プロフィールテンプレート

ゲストは信頼できるホストかどうかを見極めるために、プロフィールをしっかりとチェックしています。

ただ書けばいいのではなく稼働率アップの書き方が存在しますので、このテンプレートをご用意しました。あなたは、このテンプレート通りにあなたに関する情報を流し込むだけで、ゲストから信頼されるホストとして認識されるので、リピーターを獲得する事まで出来る様になります。

【特典3】一生涯集客に困らない!消費者行動心理学の解説

一生涯、集客に困らない能力を身につけられたら嬉しくないですか? この特典を手に入れれば、そんな事ができるようになります。

私自身がライフワークとして取り組んでいる、消費者行動心理学を初心者の方でも分かりやすく解説し、Airbnbビジネスだけでなく、様々なビジネスに応用できるようなプログラム内容に作りこみました。

消費者がついつい購入してしまう、キーワードを紹介し、これをプロフィール、部屋の紹介に導入するなど、一生涯使える技術をふんだんに詰め込みました。

【特典4】Airbnb民泊許可物件専門「不動産会社紹介」

許可物件とは管理会社、大家の両方か、いずれかの1者がAirbnbを許可している物件です。許可物件を手に入れる事で、急にビジネスをやめなければならなくなるリスクが無くなり、長期的に安心してビジネスを成長させる事ができる上に、更に積極的に物件を増やしていくことが出来る様になります。 

しかも「売れる許可物件」を随時追加できますので、この権利の価値は計り知れないものになります。

【特典5】まだ誰もやっていない動画集客の方法、無料でアクセスが殺到!スマホでプロのようなCM動画を、しかも音楽の入ったカッコイイ動画を、たった1分で作る方法(小学1年生でも作ることが出来るカンタンな方法)

【特典6】業界初!Airbnb民泊専用火災保険の担当者をご紹介

無駄なお金を一切支払うことなく、現状の火災保険からゲスト専用の火災保険に乗り換えることができます。

ゲスト専用火災保険に加入していないと、万が一、火事の時に、ホストが損害賠償を大家から多額の請求され、規約違反の保険なので保険対象外となり、全額請求され、破産してしまった事例もあるので絶対に専用火災保険に入るべきなのです。

※動画内で説明している「稼げるまでサポート」及び「動画内の特典4の個別相談」枠はキャンセル待ちとなっており、現在受付を終了しています。今回はオンラインプログラムのみとなっていますのでご注意ください。

最後に

このプログラムは、心理誘導作戦や消費者行動心理学を、たっぷり導入した内容なので、各方面からの圧力により、サイトの閉鎖に追い込まれる可能性があります。

また、日本と英語圏では、稼働率をあげる方法を教えているのは私ただ1人です。調べればすぐにわかりますので、確認してみてください。

だから、大変貴重なプログラムであると自信を持って言うことが出来ます。そのため、情報流出を防止するために、一定数の申込と期間限定で本ページを閉鎖します。

但し、お申込みされた方については、連絡が途絶えることは法的にありませんので、ご安心ください。

 

 

 

 

追伸:Airbnb(民泊)は旅館業法の許可が必要です。しかしこの度、旅館業法の許可を取ることなく、完全に合法でビジネスを始めること、継続させる方法を導入しました。勝手な法的な解釈で言っているのではなく、保健所と弁護士に確認した上で、法律を遵守した上で、導入した内容となります。はっきり言ってこの方法は、盲点です。旅館業法違反で逮捕されるニュースが報道される中、この方法を使えば、そのようなことはありません。もうビクビクすることなく、堂々とビジネスを展開することが出来ます。同業者からは、ノドから手が出るほど欲しい情報となります。お申込みされた方については、コッソリこの方法をお伝えしますので、楽しみにしていてください。

特定商取引法の表記